トレードマーク

「片付け」「掃除」「料理」など家事が苦手…。そのお悩み、住まい環境が原因かもしれません。

お問合せ:WEBフォームまたはお電話TEL.075-705-0100

住まいと人、心をつなぐ「住育」で、お悩み解決!住育アドバイザーにお任せください!

顔写真

小林 栄利子こばやし えりこ

エリア:関東(神奈川県横浜市)

自己紹介

実家が建築業ということもあり、改築・増築を繰り返し、またモデルハウスを建てて体験として住まったり、マンションへ引っ越したり、と、子供時代には、住まい環境が何度も変わり、今になって振り返ると、自分の住いはいつも「仮」で、安定した暮らしにあこがれていました。

年頃になり実家を離れ、独立してアパート住まい。その後、結婚。土地探しから始め、現在のマイホームを。まだ子供がいない、夫婦・二人の暮らし。「自分たちの暮らし」が確立できていない中、一般的な考えの中で、 間取りと収納をきめたのですが、  その後3人の子供に恵まれて、子育てが始まり、  日々の忙しさに流され、さらに増える物の量についても無意識でいたところ、 子供の成長に伴い年々物があふれ、「汚部屋」とかした我が家。

目をとじれば涙がでてくるほど、 家事・育児・そして仕事面で家庭との両立の難しさも重なり、片付かない住まいの中でストレスがピークに。「誰か助けてほしい!」と本気で願っていました。

そんな時に知人の紹介で、「住育」の提唱者である、(株)ミセスリビング会長 宇津崎光代さんと出会い、「住育」を学び、平成25年「住育視点」でリフォームし、現在に至ります。

リフォームした我が家は、神奈川「住育の家」として公開。 夫婦、10歳7歳5才の子供たちと愛犬とで、いまは以前の暮らしがうそのように、快適な毎日をすごしています。

H26年には、日本住育協会会長 宇津崎友見さんが開催している 「住育アドバイザー養成講座」を受講し「住育アドバイザー」となりました。 住まい環境で家族の夫婦仲や、子育てへの影響が大きいことを実感し、住まい環境の大切さを多くの方と共有したい、と思っています。